「市場価格を考慮した価格設定が、成約への近道」 – メディカルノート事業承継・M&A | クリニック、介護、薬局を中心としたヘルスケアM&Aサービス
トップ > 「市場価格を考慮した価格設定が、成約への近道」
2019.01.07

「市場価格を考慮した価格設定が、成約への近道」

先日、約二年間一緒に継承者探しをした売主が成約に至りました。今回の売主は諸々の事情から、他の類似案件の実績から推測される譲渡価格よりも高い価格で譲渡をお望みでした。その為、これまでも複数の買主候補者を紹介してきましたが、いずれも譲渡価格が見合わず、見送られてきました。

 

2年もの時間が経ち、売主が譲渡を検討できる期限が近づいてきました。弊社も説明を続け、昨年末より市場価格範囲内で交渉ができるようになりました。そして条件変更後一件目の候補者で成約に至りました。変更点は上述の通り価格であり、元々魅力的な案件であったものの、やはり譲渡価格の設定に関して市場価格を正確に捉えて設定するのが、成約への近道と改めて経験をしました。

 

今回のポイントはM&Aの場合、譲渡価格は、売主買主双方の合意による相対取引になるということです。過去の傾向からも、売主は様々な思い入れがあり、どうしても自院の譲渡価格を高く設定する傾向が見られます。一方で買主は、譲渡価格を何年で償却できるかを考える方が多いです。この為、成約するにはこの溝を埋めなくてはなりません。

 

「時は金なり」と言いますが、やはり売りたいと思いながら何年間も時間を経てしまうのは、売り手様の気持ちやそもそもの案件の価値や成約確立(資産は償却され、利益が下がると営業権の価値も下がります)を考慮すると大変重要な要素です。譲渡価格の市場価格は、コンサルタントや顧問税理士等のアドバイザーに相談すれば、その会社で成立した過去の類似の譲渡価格を教えてくれますので参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

弊社でも譲渡に関する相談を無料でおこなっております。

将来貴院を譲渡することを検討する場合は、お問い合わせください。

 

■■■■■

 

メディカルノートのM&A(事業承継)は、クリニックを中心に、病院、介護施設、薬局のM&A・事業承継を取扱う日本最大級のヘルスケアに特化したサービスです。

事業を開始して以降、多くの人にご支持いただき成長を続けており、「日本の医療を、

未来につなぐ」ため、満足度の高いサービスの提供を目指しております。

 

ご相談ごとがございましたら、メディカルノートM&Aへお問い合わせお待ちしております。

 

メディカルノート 医療プラットフォーム事業 高淵信行